「あじさいの太平山」 ~ 2017.06.24(sat)

清水寺(14:05)-大中寺(14:33/40)-謙信平(14:54/15:57)-晃石山(16:44)-清水寺(17:20)

今週は月曜の19日から夏風邪を引き、喉の痛みから始まり鼻水が収まれば咳が出て熱はないが頭が
重い、そんな体調だから軽めに登ってくれば良くなるだろうと思っていた。ちょうど休みの次女が
紫陽花が見たいと言うので「太平山へ行くか!」となり、この時期は混むのは判っているからゆっ
くりと午後から清水寺に向かった。

White hydrangea、綺麗でしょう!
20170624

太平山一帯は紫陽花の名所、2年前は当たり年でしたが昨年はハズレでした。そんな訳で今年の紫
陽花はどうなっているのか?2年前はホントに見事に咲いていたので今年こそは咲き乱れる紫陽花
が見れるかと期待していたのですが・・

続きを読む

スポンサーサイト

「日光東照宮と華厳の滝」 ~ 2017.06.17-18

会社の旅行で日光・鬼怒川温泉に行ってきた。日光は年に数回は山登りに行くが街を散策することは
数える程で、馴染みの土地を旅行という形で訪れるのは滅多にないので楽しみです。20年以上前に修
復後の東照宮を訪れたことがあり、あの時の陽明門の絢爛豪華さは今でも鮮明に記憶に残っています。
その陽明門が今年修復を終えたばかりなので、またあの素晴らしい陽明門を見られるのが非常に楽し
みなのです。

天下泰平への家康の思い、400年前が蘇りましたね・・素晴らしい!
20170617

新緑に映えますね!
20170617

続きを読む

「庚申山・お山巡り」 ~ 2017.06.10(sat)

銀山平(7:51)-一の鳥居(8:47)-庚申山荘1892m(9:53/10:02)-一の門(10:48)-庚申山1892m
(11:29/12:47)-旧猿田彦神社跡(15:25/31)-一の鳥居(16:12)-銀山平(17:05)


この時期の庚申山と言えば「コウシンソウ」で決まりでしょう、庚申山で発見され群落を形成するの
は庚申山のみ、他は男体山・女峰山・袈裟丸山の一部でしか見る事が出来ない小さくて可愛い花なの
ですが、意外にも食虫植物で国の特別天然記念物に指定され絶滅危惧種でもあるのです。つまり非常
に貴重な植物だといういことですね、しかも6月中旬からの2週間程しか見ることが出来ません。

庚申山の見晴台から見る皇海山と鋸11峰いいね~
20170610

コウシンソウは大きくても5cmほどの小さい花で頭上の岩壁に咲くのでポイントを知らないと見つか
らない花なのです。ちょっと早いので咲いていればいいのですが久し振りにコウシンソウと会いたい
ですね。また、この時期の庚申山はクリンソウとユキワリソウはじゃんじゃん咲いていると思うので
楽しみです。

続きを読む

「マキちゃんの門出」 ~ 2017.06.02(fri)

仲良しのマキちゃんが6月で退職することにしたそうで、ごく近い仲間達で送別会をする事になった。
同じ会社でも建屋が違うと会うことは殆どないから懐かしい顔ぶれだ、中には1年以上会っていない
人もいる。どういう訳か圧倒的に女子が多い、女子会に紛れ込んでしまったみたいだ!

20170602

数年の付き合いだったが尾瀬に行ったり、冬の太平山で真っ暗い山道を下ったこともありましたね。
一番思い出に残っているのは知り合って間もない頃みんなで呑みに行った事かな、あれは楽しかった。

続きを読む

「Hydro Flask」 ~ 2017.05.28(sun)

山専用の焼酎ボトルを以前から考えていたのだがこれはと言えるものに出会えなかった。夏冷たく、
冬暖かい、季節に合った状態でザックから取り出して山でもすぐに呑めるようにしたいのだ。
我ながらなにを考えているのやら・・

容量も決めかねていたビールやワインも持って行くのに焼酎だけで500mlは呑み過ぎだろ、いや50
0mlくらいないと満足できないんじゃないか? あーでもない・こーでもないと悩んだがザックのス
ペースと携帯性を考慮して、「なにも山ランチで満足するまで呑まなくてもいいのでは・・」
おぉー 大人の考えだ、350mlで手を打つことにした。

20170528

呑むのが楽しくなるようなボトルが欲しい、ありきたりのボトルではイヤなのだ。ところが今日何
の期待もせずに某W1をフラフラしていたら「ん~、これカラフル」目に留まったボトルが有った、
まだオレゴン州から輸入されたばかりの「ハイドロ・フラスク」色使いがカラフルでしろやぎ好み
「一目惚れだ、よっしゃこれだ!」と買ってしまった。

しろやぎの思考をさっぱり理解できない人もいるだろうが、こんなことひとつでも山登りが更に楽
しくなるのです。 これから旬の「命の水」を入れて山を登るのだ!

by しろやぎ
プロフィール

しろやぎ

Author:しろやぎ
山と酒が大好きなしろやぎです!
忘れんぼの備忘録です

最新記事
最新コメント
カテゴリ
いらっしゃいませ!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
My Friends
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR