「リンのお雛様」 ~ 2018.01.14(sun)

冬晴れの穏やかな今日、3日に買ったお雛様を娘夫婦に届けに行った。嫁がせた側から初正月に破魔弓
や羽子板、初節句に兜や雛人形を贈る習慣は平安時代から連綿と受け継がれてきた日本の文化だ。
孫の健やかな成長と幸せを願う祖父母からの愛だとしろやぎは思っている。

春の始まり、優雅で煌びやかな御雛様は大好きだね~
20180114

丁寧に作り込まれた雛人形は芸術品だよ!
20180114

自分達も子供達にかみさんの両親から贈られ今でも毎年飾りつけをして祝の膳を設ける。特にお雛様
はいい、職人の伝統の技による雛人形と飾り物は優雅で煌びやかで素晴らしいの一言だ。

続きを読む

スポンサーサイト

「元旦」 ~ 2018.01.01(mon)

明けましておめでとうございます。
みんなが笑顔の一年でありますように!!


初日の出と筑波山です!!
20180101

しろやぎもスタートだよ~
20180101

今年もよろしくお願い致します。

by しろやぎ

「リンの羽子板」 ~ 2017.11.19(sun)

今年7月にユズの妹リンが生まれた、しろやぎにとっては2人目の孫になる。ユズが生まれてもう3年
か~ 時の流れを実感させられる。来年初めてのお正月だから「リンの羽子板」を娘夫婦に届けに行
った。

羽子板は『女の子が邪気をはね(羽根)除け健やかに無事成長するように!』という願いを、優雅で華
麗な装飾を施した羽子板に託した大切な飾りものだそうです。


      従来の四角形ではなく6面カットガラスで黒で統一されたケース・・・
      艶のある顔立ちと紺がアクセントの着物が大人っぽくて一目惚れでした!
           20171119

羽子板は一年中飾って置くものだから小さいのがいいと娘から言われ値段も手頃だったのですが量販
品やポピュラーなデザインはイヤなんです。ケースの材質はもちろん羽子板の厚み、漆か絵具か、見
えない裏側の処理、人形の着物も西陣織など本物の着物か既製品かと値段相応にピンキリで知れば知
る程、羽子板の奥深さに驚かれされました。

続きを読む

「秋の益子陶器市」 ~ 2017.11.04(sat)

今日は朝から暖かい、目的の酒器を探しに8時過ぎに益子に向かった。例年なら益子近くになると渋滞
するのに今日は空いていて役場の駐車場に普通に止められた。今回は特別な時に使う酒器ではなく手頃
な大きさで酒の種類を選ばず、温度を選ばず使用できる普段使いの酒器が目的だ。

      このとぼけた感じがいいよね~
      20171104

デザイン的には良いなと思うものが2つほど有ったが、遊び心のあるとぼけた顔したネコに癒される感
じがしてコレに決めた。マンガ見たいなデザインだが本物の益子焼で持った感触は柔らかな厚みとしっ
とり感があってビールでも日本酒でもGoodだと思うよ!
このネコに癒されながら晩酌するのが楽しみだね~

by しろやぎ

「2017・御神輿」 ~ 2017.07.16-23(sun)

昨日(15日)の筑波山で暑さには順応させているから体は仕上がっている。梅雨明けもしていないのに
相変わらず猛暑の毎日で今日もシンドイと思うけれど頑張るべー、一年に夏祭りにしか会わないけれ
ど絆は固い神輿仲間との宴も楽しい・楽しい  今年はどんな御神輿になるのかな~

ユズといっしょに担げるまで頑張れるかな~
20170716-23

名前は知らないが毎年会う常連達と重さ800㎏のナイスバディ―の神輿を担ぐと夏が来たーと思うよ。
4トンボなので多くても30人、ひとり約30㎏弱、米半俵を担ぐ訳だから重いのよ。でも肩にずっしり
と掛かってくるこの重さが堪らないんだよね~

続きを読む

プロフィール

しろやぎ

Author:しろやぎ
山と酒が大好きなしろやぎです!
忘れんぼの備忘録です

最新記事
最新コメント
カテゴリ
いらっしゃいませ!
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
My Friends
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR