「Father's day」 ~ 2018.06.17(sun)

今年の父の日は子供達から扇子を頂きました。昨年、鎌倉小町通りで買って殆ど使ってなかった扇子
をGWの陶器市で使用したら中骨が折れてしまい2000円くらいのは値段相応なのでしょうね。
そんな経験から「安物買いの銭失い」に懲りたので折角だから扇子工房:東京青山・保赤軒(ほせっけ
ん)の扇子を選びました。

20180617

職人の手による本物の扇子は濃紺の扇に確りした中骨で数も多いし同系色の薄いワンポイントを配置
するなど作りもデザインも全く違いますね。子供達から贈られた本物の扇子を末永く大切に使ってい
きます。ありがとう!!

by しろやぎ
スポンサーサイト

「笠間陶炎祭」 ~ 2018.05.05(sat)

実は真夏日の5/1に益子陶器市に行ったのですが半年では新作もなく変わり映えしないので「これだ!」
と思える作品に出会えなくて消化不良でした。2日前に娘が笠間陶炎祭行って良かったよと言っていたの
で一度も行ったことがなかったから行って見ようと思い、かみさんと初・笠間陶炎祭に行ってきました。

組み物ではありません、別の作家さんの作品なのですよ!
20180505

会場は9時からなので少し前に北駐車場へ、すでに満車近かったがなんとか止められましたが超混むね~
益子は街全体に固定店舗とテント村があるのであっちこっちへと移動距離が長いのですが笠間はテント村
が扇形に作られているので効率的に見られて楽ですね。

続きを読む

「お雛祭り」 ~ 2018.03.03(sat)

今年から雛人形が2組になった、孫娘リンのお雛様を娘夫婦に贈ったからだ。娘は平成元年生まれな
ので平成雛、孫娘は平成29年になるが来年新元号になるのだから次の元号のお雛様と思っても相違
ないだろう。約30年も経つと雛人形も時代と共に変化しその時代背景が映し出される。真壁の雛祭り
で江戸、明治、大正、昭和、平成そして戦前戦後の反映を見る事が出来る。

リンの守り神だよ、一生大切にね!
20180303

娘の雛人形は7段飾り、黒漆の台座に鎮座し我が家に来て29年も経つとは月日の流れることはなんと
早いものだろう。しろやぎ自身、こうして雛人形を贈られるまでは雛祭りは酒が呑めるぞ程度にしか
認識がなかったが職人技による精巧な作りに驚き、祖父母からの孫を想う愛情を知ると雛人形が愛お
しくて毎年大切に飾ろうと今に続いている。

続きを読む

「リンのお雛様」 ~ 2018.01.14(sun)

冬晴れの穏やかな今日、3日に買ったお雛様を娘夫婦に届けに行った。嫁がせた側から初正月に破魔弓
や羽子板、初節句に兜や雛人形を贈る習慣は平安時代から連綿と受け継がれてきた日本の文化だ。
孫の健やかな成長と幸せを願う祖父母からの愛だとしろやぎは思っている。

春の始まり、優雅で煌びやかな御雛様は大好きだね~
20180114

丁寧に作り込まれた雛人形は芸術品だよ!
20180114

自分達も子供達にかみさんの両親から贈られ今でも毎年飾りつけをして祝の膳を設ける。特にお雛様
はいい、職人の伝統の技による雛人形と飾り物は優雅で煌びやかで素晴らしいの一言だ。

続きを読む

「元旦」 ~ 2018.01.01(mon)

明けましておめでとうございます。
みんなが笑顔の一年でありますように!!


初日の出と筑波山です!!
20180101

しろやぎもスタートだよ~
20180101

今年もよろしくお願い致します。

by しろやぎ

プロフィール

しろやぎ

Author:しろやぎ
山と酒が大好きなしろやぎです!
忘れんぼの備忘録です

最新記事
最新コメント
カテゴリ
いらっしゃいませ!
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
My Friends
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR