「山間」 ~ 2018.03.25(sun)

知り合いの酒屋に行ったら「山間」(やんま)があるではないか、「國酒の仕業」で呑み忘れた酒だ。
買わん訳にはいかんだろう、新潟の酒は端麗辛口が代名詞だが山間は確りしたボディとコクがあり新
潟県上越市の酒蔵とは思えない酒でどちらかというと七田と同系かな、端麗辛口と対極にある酒だ。

新潟の酒のイメージが変わりました!
20180324

「搾っている最中の中採り部分を直詰めした、無濾過生原酒17度の特別純米酒」とエチケットにはあ
る。さっそく呑んでみる、精米歩合60%なので七田ほどのコクはないがその分サラリとして呑みやす
いのだが生原酒だから度数があるのでボディと甘さは強い、新潟でもこんな日本酒が造られるように
なったのは時代の流れなんだろうな。

来週末には満開だろうから何の酒をチョイスするかな、淡い桜の花にはほんのり甘く抜けのある冷酒
をワイングラスで飲もうと思っているしろやぎです!

by しろやぎ
スポンサーサイト

「七田」 ~ 2018.03.24(sat)

偶然馴染みの酒屋で見かけて美味そうだったから正月用に買ったのが出会いだった。名前すら知らな
かったので予備知識ゼロ、とりあえず呑んでみた。最初の印象は「濃い」、甘みが強くコクがあり濃
いな~と思い、度数を見たら17度で無濾過とはそりゃ濃いはずだわ!

初めて呑んだときは美味いか、というと・・そこまで・・と思ったが盃を重ねるごとにこの酒の本当
の美味さが判ってきた。アルコール度数が高いので最初のひと口は強いが甘みとコクが徐々に美味さ
に変わっていく、あえて精米歩合を75%にしたのは米本来の味を出したかったのだと思う。通好みの
日本酒だね、しろやぎ的には美味い酒だと思うがポピュラーな日本酒ではないと思う。

無ろ過の生原酒、通好みの日本酒だよ!
20180324

正月に呑んだのは右側の山田錦100%使用、3/10に手に入れたのは左側の愛山100%使用で共に純米、
七割五分磨き、無ろ過17度の日本酒だ。酒米の種類が違うだけで山田錦は甘みとコクが特徴的だが愛
山は酸味があるのですっきり抜けていく後味だ。お気に入りがまた増えた、次は純米吟醸でも買って
来るか!

by しろやぎ

「獺祭の米焼酎」 ~ 2018.03.10(sat)

獺祭が米焼酎を発売していることを年末に知った。日本酒の蔵元が米焼酎を作るのは近年増えている
が獺祭も作るんだと値段を見てびっくり4合瓶で税込6000円、高~い! 4合瓶で6000円の焼酎を
自分では買うことはないがお雛様のお礼におとうさんにって娘夫婦が持って来てくれた。

この焼酎39度もあり百年の孤独と変わらぬ度数なのだ。日本酒の獺祭を造る際の酒粕をそのまま蒸留
して酒精分を取りだした粕取り焼酎らしく獺祭の香りや旨みをそのままに焼酎にしたらしい。簡単に
言えば清酒獺祭を蒸留した乙類(1回のみ蒸留)の米焼酎なのだから紛れもなく獺祭の焼酎だわな!

日本酒の獺祭の酒粕で造られた「米焼酎・獺祭」です!
20180303

さて、もちろんロックで味わってみた。日本酒の獺祭を濃くした感じで口に含むと高アルコールは若
干感じるが一般的な25度焼酎と同じくらいで呑みやすい。試に赤霧島をロックで飲み比べてみたが優
しい口当たりの赤霧島と然程差を感じない呑み口で非常にあぶない焼酎だ!

日本酒の獺祭で満足なら必要ないと思うが6000円の価値はさておき一度は呑んでみてもいいのでは・・
粕取り焼酎は聞いたことがない、さすが旭酒造だ上手に造るものだ。酒の世界も日々進歩している、
個人的には嬉しい事だが、のんべーの飽くなき追求はどこまで続くのやら・・ ご馳走様でした!

by しろやぎ

「ラフロイグ 10年」 ~ 2018.02.23(fri)

ウイスキーには大きく分けて2種類の嗜好があります。ピート(泥炭)を焚いてモルト(麦芽)を乾
燥させ、薬品や灰の香りがする「ピーテッドモルト」と癖がなく飲み易い「ノンピーテッドモルト」
です。後者はサントリー山崎に代表されるような癖がなく飲みやすいウイスキーで世界中で人気を博
しています。

スコットランドのアイラ島にある6つの蒸留所で作られているウイスキーをアイラモルトと言います。
薬品のようなフレーバーが特徴でスモーキーやピーティーと表現しますが強烈な個性のため好き嫌い
がはっきりするウイスキーです。そのアイラモルトの「LAPHROAIG 10Years」、以前から飲みたく
て仕方のないシングルモルトを昨年の12/23に安くはないのですが「明日イブだし、一年のご褒美だ」
と買っちまった訳です。 

「LAPHROAIG 10Years」
20180223


ラフロイグは「アイラモルトの王者」と言われるスモーキーなバリバリのピーテッドモルトなのです。
口に含むと薬品と灰のようなフレーバーが広がり、後からドライフルーツのような甘さと厚みのある
コクが押し寄せてきます。動もすれば不快に感じる薬品のような香りを甘さとコクで調和するバラン
スはさすがに王者と言われるだけのことはあると思います。

余談ですがピート(泥炭)とは泥状の炭のことで植物などが微生物に分解されずに堆積し炭化したも
ので、水分を多く含み乾燥して燃料としても使えます。気温の低い湿地帯、例えばスコットランドや
日本では北海道などで採れ、ピーテッドウイスキーがスタンダードだった当時、なぜニッカウヰスキー
の創業者マッサンこと竹鶴正孝が余市に蒸留所を作ったのかお判りになったと思います。

週末の深夜、撮りためたビデオを見ながら極上のウイスキーを傾け、のんびりと寛ぐ時間はしろやぎ
にとって大切な時間なのです。

by しろやぎ

「ルイ・ジャドー」 ~ 2017.12.03(sun)

しろやぎがワインにハマり始めたのは彼是20年以上前だ、その頃は東京ならいざ知らず地方都市では
それなりのワインを置いてあるお店を探すのも一苦労だったがその時に買ったワインがブルゴーニュ
の「ルイ・ジャドー1994」だった。高級ワインではないがそれなりの価格で、熟成させて後で飲むん
だと寝かしておいたのだが、そのうち そのうちで23年も経ってしまった。

       ホンとはどんな味だったんだろう~ 酢っぱ!
       20171203

ところが先日見たらコルクがビンに落ちているではないか!「うそ~どどどうしたんだ??」かみさ
ん曰く「大事に大事に取って置き過ぎたのよ!」と嬉しそうに写真撮って家族にLINE送ってるし

栓は鉛でカバーされているからワインは外には漏れてはいなかったからアルコールだから大丈夫、飲
んでみよとデキャンタして飲んでみたら・・なんと23年物の酢になっていた。

モッタイナイも限度を超えるとワインはバルサミコになるんだ、これからの教訓にするよ・・まだ別
の古いワインも数本あるから贅沢だが年末年始で飲んでやる。

しろやぎはバルサミコ酢ではなく熟成ワインが飲みたいんだ~ よろしくお願いしま~す!

by しろやぎ
プロフィール

しろやぎ

Author:しろやぎ
山と酒が大好きなしろやぎです!
忘れんぼの備忘録です

最新記事
最新コメント
カテゴリ
いらっしゃいませ!
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
My Friends
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR