「パウダーの赤薙山」 ~ 2017.01.21(sat)

高原ハウス駐車場(9:52)-キスゲ平1601m(9:29/57)-赤薙山2010m(13:05/45)-キスゲ平(15:01/15)
-高原ハウス駐車場(16:05)


先週の寒波で北海道から山陰までの日本海側と山沿いは記録的な大雪になり日光もこの10日間で真っ
白になった。昨年の雪不足を取り戻す勢いで連日降り続いている。雪深いのは予想していたので最初
は丸山に行こうと思って霧降高原に向かったのでした。

キスゲ平から吹雪の中の赤薙山!
20170121

日光の街中までは晴れていてが霧降道路に入るとまるで別世界、厳冬の世界に突入だ。圧雪とアイス
のバリバリ道路になり雪も舞ってきた。「こうでなくっちゃね、ワクワクするよ!」高原ハウスは冬
でも16時までは営業しているので駐車場も除雪してあるから有難い、早速雪山装備に身を包みキスゲ
園地の階段を登り始めた。

日光の街までは雪なかったのに行き成りこの景色だよ!
20170121

最初からこの雪だよ、嬉しいね~
20170121

登り始めて50段くらいで階段は雪の下、積雪が多いので階段ではなく普通の傾斜を登っているので楽
でいい。夏時間と殆ど変わりなくキスゲ平(小丸山)に到着。番頭さんはハァハァしている「おいおい
まだ始まったばかりだよ!」今から丸山に行っても近過ぎてつまらないから急遽赤薙山に行くことに
した。

もはや階段ではありません!
20170121

吹雪いてるけど赤薙山が「登って来いよ!」と言っているんだもの!
20170121

気温-4℃登り始めは青空も覗いていたのだが前方の赤薙山を雪雲が覆い始めていた、冬山はこんなも
んだ「番頭さん赤薙山まで行くよ!」と有無も言わせず赤薙山に向かった。我々以外には若者男女8人
Grと男性2人が先行していたが8人組は赤薙山でテン泊すると言っていたのだが雪深くて諦めたのかキ
スゲ平に幕営して宴会してた。先行の男性2人組みは膝下程度のラッセルで難儀していたがしろやぎは
助かりました。

ここからラッセルかよ~ まぁ、この程度なら楽しいですよ!
20170121

でも、真っすぐ歩けない程の吹雪ですぜ!
20170121

30分も登ったら2人組のラッセル跡が横に逸れていて休憩している「ここで終わりかい・・」この先
は誰も登っていないのだから仕方なくしろやぎがラッセル者になってしもうた・・「まぁ地吹雪が舞
い、時折ホワイトアウト状態では撤退も懸命な判断ではあるよ!」樹林帯に入り傾斜が増してきて雪
も深くなってきた、ここ数日で降った雪だから締まっておらず根元付近では踏み抜きもあり危ない、
一度思い切り踏み抜き右脛で全体重を受け止め痛いのなんのって山ではいろいろありますがな・・

目指す赤薙山、雪が深くなってきましたよ!
20170121

斜面から雪が舞い上がってくる!
20170121

本当の大変さはこの後の山頂までもうすぐの巻き道分岐からで雪の質も量も全く別次元に・・膝上パ
ウダーで少しの傾斜でもズリ落ちてしまい先に進むのに大分手こずったが13時には赤薙山頂に無事着
きました。気温-8℃、樹林帯の中とは言え吹雪が容赦なく吹き抜ける。6時に朝ごはん食べて以来なに
も食べていなかったから凍る寸前の冷たいバナナが飛び切り美味かったよ~

ここからが大変だった!
20170121

パウダーだから腰まで潜るんだよ!
20170121

しろやぎが到着した後、山慣れしたペアが登ってきて「ラッセルありがとうございました」と開口一
番お礼を言われてしまった。「でしょう」と冗談交じりに半分マジで返した、山ヤ同士は分かり合え
て嬉しいね!

山頂手前で一瞬、青空が覗いた!
20170121

赤薙山山頂から女峰山方面、楽しそうだな~
20170121

今回こそは番頭さん雪山に登頂できるといいのだが・・13時半までは番頭さんを待つことにした、-8
℃だが体感では風があるのでもっと低いので冬山で待っているのはホンとに辛い、「早く来いよ~」
下りたい気持ちでいっぱいなのだが番頭さんも必死で登っているのだから・・でも半端なく寒いです。

40分待ちは修行だよ、寒いよ~
20170121

下りようかなと思った矢先、番頭さんの咳払いが聞こえたので近くまで来ているのは判ったから「こ
こまで頑張ったのだから、待とうと思った」13時半は過ぎていたが番頭さんもやっと雪山での山頂に
登頂できたので良かった。ところでなんでもいいから早く下りよう、寒いよ~

初雪山登頂おめでとさん!
20170121

下りは楽チンだ、ワカンを滑らせながら一気に下るが番頭さんが超遅い、「下りだよ何で??」後で
聞いたらスノーシューは下りは向かないようでずいぶん難儀したそうです。いい勉強になったのでは
ないでしょうか、これからの課題はもっとスピーディーに上り下り出来るようにすることです、なん
せ夏と違い待っていると寒いんで大変なんです。よろしゅー

下りは速い、午後の日差しが山々を包み込んでいく!
20170121

まだ、たんまり遊べるけれどね!
20170121

樹林帯を抜ける頃には標高も下がってきたので吹雪も止み晴れてきた。雪景色の山々や日に照らされ
た街が綺麗だ、もう15時だがこれだけの運動量でバナナとパンだけではさすがに腹が減った。風花舞
うキスゲ平の展望台で登ってきた赤薙山を見ながら遅い昼ごはんを食べ、16時過ぎに無事下山した。

最初に登るつもりでいた丸山です!
20170128

今日は吹雪でホワイトアウトが何度かあり足跡もすぐにかき消されてしまい土地勘がないと登れなか
ったと思う。大変だけれどパウダーのラッセルは雪に戯れる楽しさもある、時折差し込む日差しで下
界や山々がドッキとするほど美しい表情を見せてくれる。凛とした真冬の空気、思い切り吸い込むと
気持ちいいんだ。しろやぎ的には雪山も枯れ木で見通し利く低山も冬は大好きな山の季節です。

冬山は楽しい、大好きな季節だね~
20170121

雪にどっぷり浸かった楽しい一日に感謝、番頭さんに感謝、そして山の神様に感謝
ありがとうございました!!

今夏に行く山を決めましたウフフ・・・今年は半端なく山沿いも大雪なのを実感した一日でした。

by しろやぎ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初雪山!

隊長どの

ただいまです。
明石から戻りました!
初雪山大変でしたがとっても楽しくこれぞ雪山って感じを味わえました。
何回か冬の赤薙山行ってますが毎回色々な違った表情を見せて
くれるので楽しいですね。
でも分岐からの雪は大変でした。
ラッセルご苦労様でした。
泥棒さんは楽な予定でしたが結構大変だったので最初の人は更に
大変でした???
大変でしたよね(^^)
また行きましょうと言いたいのですが、今月はほとんど居なくなることに決まってしまいました(><)
帰国後行けたら行きましょうね!
あと、夏山頑張ります(^^)ゞ

Re: 初雪山!

番頭さん、こんばんは

明石の後はオランダですか。
仕事とはいえ何も一番寒い季節に出張にならなくても・・

しろやぎは3月からは完全にオフに入りますから今月末帰国
では花粉の季節になるので雪山は無理ですね。

今回はバンバン吹雪くし冬山らしく寒かったけれど楽しい一日
でした。

花粉明けの残雪の山に行きましょう!では、寒いオランダでジャ
ガイモいっぱい食べてきてくだされ。今月末に会いましょう!

by しろやぎ
プロフィール

しろやぎ

Author:しろやぎ
山と酒が大好きなしろやぎです!
忘れんぼの備忘録です

最新記事
最新コメント
カテゴリ
いらっしゃいませ!
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
My Friends
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR