「愛宕山-難台山-吾国山縦走」 ~ 2017.05.27(sat)

岩間駅(7:57)-愛宕山305m(8:47)-見晴らしの丘(9:32)-南山展望台(9:58)-団子石峠(10:20)-
難台山553m(11:35/13:28)-道祖神峠(14:12)-吾国山518.2m(14:51)-吾国山登山口(15:22)-
福原駅(16:17
)

福原駅-岩間駅間にハイキングコースがあるのは数年前に番頭さんから聞いていた。お手頃そうな
ので10月の谷川岳に向けカズのトレーニングも兼ねて初めての愛宕山から吾国山(わがくにさん)
を縦走しに行ってきた。

風景が真っ白なので吾国山麓のアザミで我慢して!
20170527

予報では午前は所により雨で昼から曇りなのだが降ったり止んだりの早朝だ、里山とはいえ高さが
あるので平地より回復が遅れるからどうなる事やら・・福原駅に駐車して電車で岩間駅に、今は止
んでいるが山は雲に覆われて見えない、駅から街中を歩き50分程で愛宕山(愛宕神社)に着いた。
さて、これから縦走の始まりだ。

雲の中の愛宕神社、立派な神社ですよ!
20170527

市のHPからハイキングマップをダウンロードしたのだが1/50000地図では雑すぎて正確な判断は
できず現地の案内板を確認しながら見晴らしの丘を越え南山展望台へ10時に着いた。途中2組とす
れ違ったが今の時間に反対方向から来るのってこの天気でどこから登って来てるんだ?
それに1組はストックが折れていたので「どうしたんだ・・」とさっぱりわからん?

見晴らしの丘と見渡した景色・・・
20170527 20170527

晴れていれば筑波山や加波山などの素晴らしい景色が見えているハズの見晴らしの丘と南山展望台
からの眺めが真っ白で虚しかったですね~予報より回復が遅れていて愛宕山からず~と雲の中、気
温も低く霧雨なので登るのには楽なのだが真っ白なのでどこを歩いているのかさっぱりでズルズル
のハイキング道にウンザリしながら団子石峠へ向かった。

南山展望台と見渡した景色・・・
20170527 20170527

それにしても道幅が広い、車が普通に走れるほどの広さだ。雲の中で視界がなかったのもあるがち
ょっと起伏のある道を歩いている感じで山登りをしている感じではないな~ 時間はたっぷりある
のでカズの様子を見ながら難台山への登り返しに取り掛かった。

アート、綺麗でしたよ~
20170527

難台山へは岩の見所があるそうで初めに登場するのが団子石・次が獅子ケ鼻・最後が屏風岩と太古
の昔に隆起して出来た山だから筑波山と同じように変わった形の岩が多いのかな?1番手の団子石
は「フ~ン」って感じ、2番手の獅子ケ鼻は横たわった大きな岩で下から見上げれば違うのかも知
れないが岩下に下りる道は見当たらなかった「どこが獅子鼻なんだ?」って感じ、3番手の屏風岩
は見応えあり、名に恥じぬ大きな屏風の様な岩で「合格」って感じでしたね。

団子岩:だんご?なんだ?
20170527

獅子ケ鼻:獅子の鼻ってこんなのかな?
20170527

屏風岩:これは見た瞬間におぉ~って感じ、合格!
20170527

屏風岩から難台山まで10分って書いてあり、すれ違った人が「すぐ山頂ですよ」というので5分程
で小高いピークに着いたが山名板もないし、先に進むと下りて行くので「今のが山頂だったのかな
?」と思い戻って周辺を探索したが「ハイキングコースで名を刻まれている山に山名板も案内もな
いなんてありえんでしょう・・」とりあえず先に進んでみたら少し登り返して難台山山頂に着いた。
さっきのピークは紛らわしいな~せめて「山頂はこの先です」くらい書いてくれていると有難いの
にね。

難台山山頂で手こずるとは思わなかった!
20170527

山頂は祠と山座同定板があり結構広く木陰もあるので晴れた日にランチするのには良い場所ですね。
今日は真っ白だけど・・我々以外誰も居ない・・雨は降っていないが風も少しありジッとしている
と手が冷たくなってくる気温だ。その山頂で酒を呑みかわし2時間ものんびりしていたが雲は取れず、
だいぶ回復が遅れているみたいで今日は期待できそうもないな~ さて、道祖神峠へ向かいますか。

この日本酒は6年間、山に登っていたがやっと呑めた、ピリ辛感があって美味でした!
20170527

道祖神峠へ下る途中に長沢への分岐が2か所あったが「長沢ってどこ?」地図見ても判らなかった
が後で調べたら難台山の北東側の麓でした1/50000地図は判り難い、県道42号(フルーツライン)が
道祖神峠で駐車出来るのでここから登る事もできますね。県道を突っ切り案内板に沿って進むと左
側に廃墟となった大きな施設跡が現れ、犬が吠えていたが姿は見えなかった。案内図に洗心館と書
いてあったが道祖神峠の案内図と位置が違うのはどうしてだ?何を信じていいのやら・・

道祖神峠は広いです!
20170527

立派なミミガタテンナンショウが頭をもたげていました!
20170527

ここからが吾国山への登りになる、この山の名前を知らない頃だが電車から山容を眺め「意外と尖
がっている山なのね」と記憶している。急登ではないがやっと山の傾斜らしくなり20分程でしたが
今日初めて山に登った気がした。電車から尖って見えていたのだから山頂からの景色はさぞや良い
眺めだと思うが最後の山頂まで真っ白だ、「白い一日」だ。♪まっ白な 陶磁器をながめては 飽き
もせずかと言って 触れもせずそんなふうに 君のまわりで僕の一日が 過ぎてゆく ...作曲:井上陽水
作詞:小椋佳♪♪ふと、陽水の「白い一日」を口遊んでいた。

吾国山山頂は石垣に囲まれ、大谷石の祠が鎮座していた!
20170527

山頂から40分程で林道に出た、ここが恐らくハイキングマップの吾国山登山口だと思う。林道を突
っ切り、森を10分程歩くと田んぼの畦道になり「ここはどこ?」畦道を詰めると舗装道路に出て、
案内板に従い畦道に入り、住宅街を歩き、北関を潜り福原駅に9時間振りに戻って来た。
初めてでは福原駅から吾国山登山口へ迷わず行ける自信はないな~

夏の新そばの花が咲いていた!
20170527

岩間駅から福原駅までランチ時間を抜いて6時間20分、途中何カ所か迷って余分に歩いたけれどほぼ
CTだったようですね。「白い一日」でしたがそれなりにカズと楽しめました。今日は「つくば100
キロウォーク」の初日なので帰り際、岩瀬エイドに誰か知っているヤツいるだろうと寄って見たら、
なんと5年振りに金子さんに会いました。20分程話をしておさるさん、ノブさん、すかいさん、番頭
さんによろしく言っていたと伝言して帰路についた。

お疲れ様でした!
20170527 20170527

帰宅してから風呂に入り、金太郎でカズと山祝いをして家に帰り、なみちゃんも呼んで1時半ごろ
まで呑んでいました。カズと二人で山に行ったのは何年振りだろう、景色が見られず残念でしたが
午前様まで楽しい一日を過ごせたことに感謝です。ありがとうございました!

あの雲の中に吾国山があるのですがね~ 晴れた日に再訪しますよ!
20170527

難台山に2時間居ても男性1人しか見なかったから南山展望台付近で出会った、おばちゃん二人組と
年寄りグループは団子石峠で引き返したようだ。我々以外にトレランナーが2人だけ走り去って行っ
ただけの静かな一日でした。山登りというより正にThe ハイキングコースでしたね。ちなみに福原
駅駐車場は駅の切符売り場に210円支払えば1日OKです。

by しろやぎ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いや~すまん。。。。今更ながらの書き込み。。。。
 まずは、電車移動の山登りもオツだよね。最近電車に乗る機会があってザック抱えている高校生らしき小集団なんかも見かける
 今回ほぼ、雲の中を歩く普段味わえない様な幻想的な表情に感激しながらも超滑る道と訳わからん標識そんなのと葛藤しながらなんとか下山、やっぱり山は楽しいっス
 途中左足全体にしびれる様な違和感があって30分ぐら経ってから足首の外側に痛み歩くのもしんど。。。あれ~何だったんだろう???
 戻ったあとも、なみちゃんともども、美味しいおもてなし いつもの様に夜中までお邪魔してしまて。。。。皆さまに感謝してます。これからもよろしく

Re: No title

カズ、こんばんは

相変らずのマイペースなキミだがこうしてちゃんとコメントを
返してくれるのはさすが親友だと思う。遅くてもなんでも応え
てくれるのは嬉しいよ!

個人では経験できない世界に連れて行っても「ありがとう」の
一言もコメントで返してくれないのは理解できないのが正直な
気持ち、感謝の気持ちとかないのかな? と思う。

してもらった感謝の気持ちがあるのならその人が喜ぶことして
あげたいとか思わないのかな???ぜんぜん人の心を理解でき
ない人もいるのです、連れて行く甲斐がないです。

最近不満があるので愚痴ってしまった・・ 話を戻すわ・・

一日中、霧雨になるとは思わなかったな~ 午後にはそれなりに
景色も見れるかなと思っていたけれどまだまだ読みが浅い自分に
反省です。

何も見えなかったけれど楽しい一日でしたね。中途半端な案内板
に惑わさ、れ展望台では真っ白な世界、難台山山頂はどこかいな?
と寒い中、ゆっくりしたランチではちと呑みすぎたかな?

米焼酎の飲み比べはナルホドと思えたでしょう。その辺の呑み屋
なんかよりしろやぎ亭のが酒はあるから、今度はシングルモルト
の呑み比べでもしますかね。

また、山に行こう! そして4人で語ろう!!

by しろやぎ
プロフィール

しろやぎ

Author:しろやぎ
山と酒が大好きなしろやぎです!
忘れんぼの備忘録です

最新記事
最新コメント
カテゴリ
いらっしゃいませ!
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
My Friends
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR