FC2ブログ

「残雪の会津駒ケ岳」no.1 ~ 2018.04.28(sat)

すぎのや(6:32)-登山口(7:01)-駒ノ小屋(10:11/37)-会津駒ケ岳2113m(10:51/11:05)-駒ノ小屋
(11:25/14:20)-登山口(16:25)-すぎのや(16:59)


残雪の会駒は3年振りだ、3年前は林道から雪道だったが今年は雪解けが早くヘリポ手前でやっと残雪
が現れたが途中何度か残雪がなくなり完全な残雪帯に入ったのは登山口から1時間後だった。登山口
周辺は例年なら芽吹き前でフキノトウが顔を出す時期なのに山桜が咲き、フキノトウは育っちゃって
フキになっていた。

雪化粧した嫋やかな会津駒ケ岳!
20180428

檜枝岐は朝まで雨だったらしく路面は濡れていたが天気は回復基調、登るに連れ風が雲を運んで青空
が広がってきた。ヘリポを過ぎ山頂まで37km地点から5分程登ってやっと残雪帯に入り何度も同じよ
うな登りを繰り返すこと1時間20分程で雪に覆われた燧ケ岳が左側に見えてきた。

さあ、出発だ~
20180428

タムシバが咲いてた、少し早いね!
20180428

会津の名峰、燧ケ岳が見えてきた!
20180428

更に登る事15分程で駒ノ小屋の屋根が雪原の彼方に見えてきた。右手には雪に覆われ嫋やかに横たわ
る会津駒ケ岳が見える。ここからは一旦下って登り返さないと駒ノ小屋には辿り着かないのだ、4時間
近く雪の樹林帯を登ったあとの疲れた体には視界に入った駒ノ小屋が遥か彼方に見えるので景色は綺麗
だが精神的には踏ん張り何処なのですよ。

みんな頑張っています!
20180428 20180428
20180428 20180428
20180428 20180428

駒ノ小屋への最後の登りに取り掛かろうとしたら燧ケ岳の左手に遠く富士山が見えるではないか、奥
会津からでも見える富士山ってさすがに日本一高い山なんだなと思ったよ。最後の坂を登り切り10時
過ぎに駒ノ小屋に到着した。

写真では判らないかも・・
20180428

ここからが踏ん張り何処、会津駒ケ岳をバックに・・ 気持ちいい~
20180428

駒ノ小屋の駒った姉さんとも3年振り、「あれ、うさぎさん」「うさぎじゃなくてしろやぎ」と3年も
経つと誰しも記憶が定かでなくなるのは仕方がない。番頭さんとひとみんを待つ間、直美さんが尾瀬
ロッジで働いていることや村の実情を聞いた。時代は流れ変化している、みんな必死に生きている、
直美さんにそのうち会いに行こうと思った。

駒ノ小屋に着きました、駒った姉さんと燧ケ岳をバックに!
20180428

二人が到着後、命の水(ワイン3L、黒霧1.8L、日本酒1L)を担ぎ上げた重いザックを小屋にデポして全
員で会駒の山頂を目指した。風は少しは吹いているが真っ青な空に十分な日差しで暖かい。山頂の積
雪は1.5m位は有るだろうか、雪に覆われた燧ケ岳と至仏山、日光連山に高原山、中門岳への稜線の先
には越後三山と素晴らしい景色を楽しみ尻ソリ滑りで童心に戻って駒ノ小屋に戻った。

会津駒ケ岳山頂から燧ケ岳、至仏山が見渡せる!
20180428

越後三山も近いよ~
20180428

先客が空くのを待って12時前には宴会スタート、ひとり一品持ち寄りで贅沢なおつまみが揃い命の水
をみんなで酌み交わし雪の上で楽しい宴会を2時間以上もしてしまったお蔭で・・照り返しと紫外線で
みんな顔が思いっきり日焼してしまい翌日の朝に顔が痛くて気付いたが後の祭でした。

みんなでワイワイ、楽しいランチでした!
20180428 20180428
20180428 20180428

14時半前に下山開始、残雪の下りは楽しいけれどプチ滑落でブッシュや木の根元に落ちたりするから
危険と隣り合わせですが怪我もなく全員17時には下山することが出来ました。「駒の湯」で汗を流し
「すぎのや」で宴の始まりはじまりです。

結構、急でしょう!
20180428

言わんこっちゃない、気張れ~
20180428

いつものまっこ膳でイワナの塩焼き、会津坂下の馬刺し、採りたての行者ニンニク・フキノトウ・タ
ラの芽の天麩羅と普段口にする事の出来ない贅沢な肴で楽しい宴は続いたのでした。スパムに大満足
のたけちゃん、「そぼろパン」っていう昔懐かしいクリームパンをレナがお土産に持って来てワイワ
イ宴の夜は更けていった。

今宵も楽しい宴の始まりぞよ!
20180428

いつもどおり、おやすみ・・
20180428

明日に続く・・

by しろやぎ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おつかれさまです。

この度は計画頂いて有難うございました。
初雪山ということでどうなることかとおもいましたが、
無事頂上にたどり着けて良かったです。
(→番頭さんの階段のおかげです。有難う!)
天候にも恵まれ(恵まれ過ぎた)、山頂の景色最高でした!

下山後のお楽しみの岩魚・山菜・馬刺し・そば、どれもウマウマでした

日焼け以外は最高な山旅でした。

改名!

うさぎさん

改名ですね!
面白い。
今回も楽しい桧枝岐旅行でしたね。
久しぶりの会津駒ヶ岳&こまった姉さんも良かったですが、
最高の天気、景色、新たな仲間でとっても楽しかったです。
最後のいつもの光景は後ろの順ちゃんとレナが良い表情だわ。
計画ありがとうございました。
でも最近の帰りは寝てばっかりですねえ!

Re: 改名!

番頭さん、こんばんは

しろやぎさんもおじいちゃんになってきたのでうさぎさん
に改名しようかな・・ 酒も弱くなったし・・

世代交代もあり新しい仲間たちが付き合ってくれるから
我ら世代も頑張られば、子育てに目安が付けばひと世代
前の彼らも戻ってくると思うし厚みもましてこれからが
楽しみですね!

いつものように天気に恵まれ感謝です。たけちゃん家族や
めぐちゃん、駒った姉さんなどいつも暖かく迎えてくれる
檜枝岐の愛に包まれた2日間に感謝の言葉しかありません。

個人的にはまた近い内に行こうと思っています。

ぜひ、渓流で釣ったイワナ食べさせてくださいね!

by しろやぎ

Re: No title

ひとみん、こんばんは

やっと念願の檜枝岐の山旅行けて良かったですね。
喜んでもらえてしろやぎも嬉しいですよ!

経験できそうで出来ない残雪の東北の山はいいでしょう。
日焼けするほどの天気に登れたのは超恵まれていること
なんですよ、山はワルくない、自分が対策すればいいだ
けです。

ひとみんもテント買いな、今計画練っていますってが
もう決めているんだけれどね!

檜枝岐大好きな村です。
体に優しい美味しい料理の数々、たけちゃん家族はもちろん、
檜枝岐の友人達の優しさ、ひとみんも溶け込んでくださいね。
君の財産に成りますよ!

また、いっしょに山にいきましょう!

コメント、ありがとう

by しろやぎ

初の残雪の山

初の残雪の山、いつもの山とは違った雰囲気で楽しかったです〜

日焼けで首の半分より上が色変わっちゃいましたけど、いい思い出です。。

また行きましょう!

計画とお誘い頂きありがとうございました!
ガチの山登りは初めてでしたが、最高の天気と景色で良い思い出になりました^ ^
またお誘い頂けると嬉しいです。

Re: 初の残雪の山

エロザル君、こんにちは

天気に恵まれ楽しい2日間だったですね。
相変わらず呑んだくれて夢の中にいたようです。

経験できそうで経験できないところに行ったのですよ。
残雪の会駒もそうですが檜枝岐での体験もお金では
買えない長年築いてきた信頼があってのこと。

それだけは憶えて於いてくださいね。

また、どこかの山に行きましょう。
よろしく

by しろやぎ

Re: タイトルなし

はらだ君、こんにちは
初コメント、ありがとう!

喜んでもらえて誘った甲斐がありました。
君を誘ったのは誘う価値があると思ったからです。
誰でも誘うわけではありません。

人の付き合いというものは少なくとも同じ価値観
がないとお互い良い方向には進みません。

はらだ君にはしろらぎの世界観が理解できるかな
と感じたので誘いました。これからも君の生き方
見させてもらいますよ。

折角出会えたのだから学んで下さいね、私も学ば
させてもらいます。

では、また

by しろやぎ
プロフィール

しろやぎ

Author:しろやぎ
山と酒が大好きなしろやぎです!
忘れんぼの備忘録です

最新記事
最新コメント
カテゴリ
いらっしゃいませ!
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
My Friends
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR